女性ホルモン剤の避妊効果

より確実に避妊の効果を得たいのであれば、コンドームではなく女性ホルモン剤の服用がお勧めです。
女性ホルモン剤と聞くと馴染みが薄いかもしれませんが、ピルと聞くと多くの方がご存じでしょう。
日本では避妊といえば、コンドームというイメージが定着しています。
確かにコンドームでも避妊の効果は得られますが、その効果は約85%と言われています。
コンドームは薄いゴム製ですので、万が一破損してしまうと、妊娠のリスクはグッと上昇してしまいます。

一方女性ホルモン剤は女性ホルモンの働きにより、妊娠しにくい体へと変化する点が特徴です。
避妊率も99%以上と高い為、今は妊娠したくないという場合、服用がお勧めです。

女性ホルモン剤には「卵胞ホルモン」と、「黄体ホルモン」という2種類の女性ホルモンが主成分で作られています。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が変化する事で、女性は排卵し生理になるのです。

女性ホルモン剤を服用する事で、卵巣自体の働きを抑制します。
卵巣が働かなければ、排卵する事はありません。
卵子が無ければ妊娠する事は無い為、女性ホルモン剤を飲めば避妊の効果を得られるのです。

女性ホルモン剤は子宮内膜の増殖を、抑える作用も持っています。
子宮内膜が厚くなる事で受精卵が、子宮内部に着床しやすくなります。
女性ホルモン剤により子宮内膜を厚くしないようにする事でも、避妊の効果をアップさせます。

服用する事で、子宮頸管から分泌される粘液が濃くなる点も、女性ホルモン剤の特徴です。
粘液が濃くなると子宮の入り口が狭くなり、その分精子の侵入を防ぐ効果が期待できます。

このように、女性ホルモン剤は様々な働きをし、妊娠しにくい環境を整えてくれる薬となっています。
避妊薬は病院へ通わなくても通販で購入することも可能です。

▼記事を書くに当たり参考にさせて頂きました
毎日飲む低用量ピル