避妊の為に飲んだ緊急避妊薬で太る?

ピルは避妊薬として定着している薬です。
通常のピルは21日間毎日飲み続ける事で、避妊の効果を得られます。
ですので、ピルで避妊をしたいという場合、事前に服用しておかなければいけません。

しかし、中にはコンドーム無しで性交渉をしてしまった、また犯罪に巻き込まれ、避妊する事が出来なかったなどのケースも考えられます。
このような場合、活用したいのが緊急避妊薬です。
アフターピルとも言われる緊急避妊薬は、性交渉をした後に服用する事で、妊娠を防げるピルとなっています。
事前にピルを飲んでいなくても、避妊の効果が現れる為、知っておけば「もしも」の時、女性の大きな味方となってくれるでしょう。

緊急避妊薬は性交渉を行ってから、約72時間以内に服用する事で妊娠を避けられると言われています。
服用する事でホルモンのバランスを人工的に変え、生理を引き起こして避妊の効果を発揮するのです。
また緊急避妊薬は精子が子宮に到達するのを遅らせる、受精自体を抑制するといった効果も期待できます。
もし、受精卵が子宮内膜に着床してしまっても、無理やり生理を起こすので、受精卵を剥がし妊娠を予防します。

ただ、巷ではピルを飲むと「太る」というウワサが蔓延しており、服用を躊躇う女性も少なくないようです。
確かに高用量のピルの中には服用する事で、太る副作用があるものもあります。
しかし、緊急避妊薬は毎日飲むものでは無い為、太るといった副作用の心配は無いでしょう。

また、もし太ったと感じたとしても、それはむくみであるケースも、少なくありません。
緊急避妊薬を飲む事で、体がむくむという副作用が一時的に現れるケースもあります。
この他に女性ホルモンのバランスが変化する事で、胸が張る事で太ったように感じる場合もあります。

緊急避妊薬を1回・2回服用したからといって、体重が大幅に増加する事は無い為、安心しましょう。