避妊薬服用後体重は増える?

ピルを服用する事で、99%以上の確率で避妊する事ができると言われています。
避妊といえばコンドームという考え方が、日本では主流となっています。
確かにコンドームでも、避妊は可能です。
ですが、コンドームでの避妊率は約85%と以外と低い傾向にあります。
また、男性の協力無しではコンドームで避妊する事はできません。
女性も自分の体を守る為、率先して避妊に取り組む必要があると言えるでしょう。
妊娠を希望しないのであれば、確実性のあるピルでの避妊がお勧めです。

ピルには女性の体で分泌される、2種類の女性ホルモンが配合されています。
女性ホルモンのバランスを変える事で、妊娠しにくい体へと変えるのです。
ただ、ピルを服用後に体重が増加したという感想も多く、服用に抵抗を感じる女性は少なくありません。

ピル服用後、体重が増えるというウワサは、本当なのでしょうか。
ピルには「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という、女性ホルモンが含まれています。
この2つのホルモンが同時に分泌されるのは、妊娠中です。
妊娠していないのにも関わらず、妊娠中と同じような体質になるので、ピルを服用後食欲が増進してしまうケースもあるようです。
ただ、食欲のコントロールは自分の意思で行えますし、最近処方される低用量ピルでは、さほど食欲が増すという事は無いと言われています。

また、体質によりピルを飲んだ後、体がむくむ方もいるようです。
体がむくんだ事で体重が増えたと、感じるかもしれません。

女性ホルモンは丸みを帯びた、女性らしいボディラインを作るホルモンでもある為、今まで痩せすぎていた方は、太ったと感じる事もあるでしょう。

ピルは最も効果的な避妊の方法です。
自己管理をする事で、体重も増え過ぎない為、妊娠を避けたい女性は活用してみましょう。